中高年 転職お役立ち情報

中高年が転職する上で知っておいた方がいい事

更新日:

中高年で転職を希望する人

というのは増えてきていますが、

中高年の転職市場というのは

どういう状況なのでしょうか?

 

中高年転職が厳しい中、何をしなければいけないのか?

就職市場全体を見れば

売り手市場となっており、

就職を希望する人にとって

有利な状況となっておりますが、

 

中高年の転職を希望する

人に対しては、求人はかなり

少ないという状況です。

 

ですので、

中高年の転職は、

かなり厳しいというのが

現状です。

 

中高年の求人募集が少ない理由

では、なぜ中高年の求人募集

は少ないのでしょうか?

 

中高年が転職する場合、

企業側が正社員として採用すると、

高い給与を払わなければいけない

という事情があります。

 

そうなると、よっぽど実績があり

優秀な人材でないと、

中高年の転職は難しくなってきます。

 

やっと自分がやりたい業種の

転職求人を見つけても、

実際には年齢的な面を考えると

アピールが難しい面などもあり、

 

応募して採用されるためには

相当な努力が必要になってきます。

 

でも、どうしても転職を希望する

場合、あきらめなければいけない

のでしょうか?

 

中高年転職の厳しい現状を解決する方法1

それを解決する方法として

一つは、

契約社員として中高年転職を

するという方法です。

 

まずは契約社員として

働きながら、正社員を目指す

というものです。

 

中高年で転職を希望する人は

多くが正社員として就業する

事を望んでいると思いますが、

 

高い給料を払わなければいけない

中高年転職者に対して、

高い給料を払うのに見合うだけの

能力があるかどうかを見極めたい

というのが企業側の考えです。

 

なので、

どうしても希望する仕事が見つかり、

正社員としてはすぐに難しいけど、

契約社員として就業できるので

あれば、

 

契約社員として就業することを

選択し、会社に貢献できるよう

努力をすれば、いずれ正社員の

道が開かれることもあります。

 

中高年転職をする上で、

契約社員という選択肢を

増やしておくというのも、

転職活動を成功させる

一つの手段です。

 

中高年転職の厳しい現状を解決する方法2

中高年転職希望者は、

いままで培ってきた経験を

活かして、転職することを

多くの人が望んでいますが、

 

望みどおりにいかない

場合も出てきます。

 

転職を希望する人にも

事情があり、

転職をどうしてもせざる

を得ない状況の場合、

 

これまで経験したことが

ないような、未知のジャンルに

挑戦しなければならないことも

あります。

 

なので、多くの経験や知識を

持っている中高年でも、

まったく0から始めなければ

ならない事も出てきます。

 

もしそうなった場合、

まったく知らないジャンル

での仕事になりますので、

柔軟に頭を切り替えて対応

しないと、

 

仕事をうまく続けていけなく

なってしまいます。

 

今まで培ってきたものや

プライドもあると思いますが、

 

そういったものを一度

捨て去って、頭の中をリセット

して新しい仕事に取り組む

姿勢が重要です。

 

中高年転職者はどうやって転職活動を行うのか?

最近では、ほとんどの人が

インターネットを活用して

転職活動を行っています。

 

転職に関するサイトの検索をし、

サイトに登録しておき、

条件に合った求人が出てきた

時に、メールで知らせてくれる

というサイトが多くあります。

 

いまでは、中高年向けの

コンテンツがそろったサイトも

ありますので、うまく活用すれば

転職活動もスムーズに進める

ことができます。

 

中高年転職者がネット以外に行う転職活動方法

インターネット以外の転職活動

といえば、

ハローワークが一番活用できる

方法でしょう。

 

ハローワークでは中高年を対象

とした相談窓口などもありますし、

ハローワークに求人登録をしておく

事をお勧めします。

 

ハローワークではパソコンを使い、

希望の業種、勤務地、給与、

休日日数などが合致する求人探し

をすることができます。

 

常に新しい求人情報が、

日本全国どこからでも見ることが

できますので、時間を見つけて通い、

求人に目を通すといいでしょう。

 

ハローワークでは、

中高年向けの仕事として、

若手の人材を育てる仕事もあり、

これは、今までの経験を活かせる

仕事の一つです。

 

中高年転職求人に応募する際に大切なこと

インターネットやハローワークで

希望の求人情報が見つかり、

実際に応募する事となった場合、

 

やらなければならない最初の事は、

履歴書、職務経歴書を作成し、

提出する事です。

 

特に職務経歴書は中高年転職の

成功の鍵を握る大切な書類です。

今まで積み重ねてきた経験や

知識を、職務経歴書にしっかり

と落とし込み、

 

若い人よりも中高年転職者

の方が優れている点を

アピールしてください。

 

また、中高年転職は情熱も

必要です。

 

どんな些細なことでも

いいので、中高年として転職

したいという強い思いを

しっかりと伝えてください。

 

中高年転職者のための

職務経歴書の書き方など

を運営しているサイトも

ありますので、

 

そういったサイトも

活用してください。

 

中高年の再就職はハードルが高い

再就職とは、

一度どこかに就職していて、

改めて就職し直すことを

言いますが、

 

一度会社を辞めて、失業中の

中高年が、再就職をすると

なると、さらにハードルが

高くなります。

 

企業側は、応募者が若い人で

あっても、失業中の人であれば

事情がどうであれ、

「自分の都合でやめたんだろう」

と思われてしまいます。

 

ましてや、求人の少ない

中高年が再就職をすると

なると、相当厳しいと

いうのは想像できると

思います。

 

再就職はよっぽどコネやツテ

がない限りは、ストレートに

進むというのは難しいです

 

なので、転職を考える場合

今の会社を辞めずに転職活動

を行うのが賢明です。

 

中高年は、

自分のこだわりや、先入観で

転職活動を進めがちで、

それがうまくいかないことの

原因にもつながっています。

 

ですから、

転職事情をよく知る人の

アドバイスを素直に受け入れて、

自分の考えなども変えて

いくようにしましょう。

 

未来の自分を作っていく

実績No.1転職エージェント

-中高年, 転職お役立ち情報

Copyright© 就職活動支援サイト , 2018 All Rights Reserved.