新卒に役立つ就活情報

新卒が就職活動をする順序について知っておくべき事

投稿日:

就職活動を始める学生にとって、

まず、何から始めればいいのか

よくわからないという人も

多くいると思います。

 

何から始めていいか

わからないという事は、

どうやって内定を取れるか

まではまったくわからない

状況でしょう。

 

ここでは就職活動の

流れについてお伝え

していきたいと思います。

 

就職活動は順番に丁寧に行う事が大切

スムーズな就職活動を進めて

いく上で、

 

何をどう進めていけばいいのか、

順序がわからないという事で

迷われている方も

いると思います。

 

ですが、

まずは就職活動の順序を

どうするかという、

就職活動の流れを

つかむ前に、

 

一番初めにやって

おかなければいけない

重要な事からお話しさせて

いただきます。

 

1.自己分析シートの作成

まず初めにやらなければ

いけない事は自己分析です。

 

応募する企業について知る事

も当然必要なのですが、

自己分析をする事によって

自分を知るというのはもっと

大切な事なのです。

 

しかし、なぜ自己分析が

そんなに大切なのでしょうか?

 

自己分析の意義

まずエントリーシート作成

であったり、面接において、

 

自分の事を知らない相手に、

自分はどんな人間かを伝え

なければいけません。

 

その時に、自己分析を

していると、

 

今まで何を思って、どう

生きてきたかという事が

きっちりと整理されて

いますので、

 

しっかりと相手に自分の

事を伝える事が出来ます。

 

自己分析なんかしなくても

自分の事はわかってるし、

なんとかその場でなるのでは

と思っている人もいるかと

思いますが、

 

いざ自己PRを作成しようと

した時、面接で質問された時

意外と答えが出て

こなかったりします。

 

面接時は例えば、

・志望動機

・今までで一番感動した事

・今までで一番悔しかった事

・達成感を感じた出来事

・自分の長所、短所

など質問されることが

あると思いますが、

 

面接の場合、その場ですぐに

答えを出さなければなりません。

 

しかし、自己分析をきっちり

していれば頭の中が整理

されて、「エントリーシート作成」

や「面接」の時に役に立ちます。

 

自分に合った企業選びができる

次に、

自己分析をする事によって

得られる事ですが、

自分に合った企業選びが

できるという事です。

 

就職活動において、

多くの人はとにかく

たくさんの企業にエントリー

しようとしています。

 

どうしても、とりあえず

1社でも早く内定が欲しい

という思いであったり

就職活動を早く終われせたい

という思いであったり、

 

そんな思いから、

とにかく多くの企業に

エントリーしようと

しています。

 

しかし、このような就職活動

をして、とりあえず入った

企業であれば、もしかしたら

入ってみて、自分に合わない

会社だったと気づくかも

しれません。

 

そうならないためにも、

自己分析をしっかり行い、

自分の持っている価値観

をしっかり理解し、

企業を選ぶ事が大切に

なります。

 

企業のほとんどが、

経営理念を持っていたり

今までに取り組んだ実績

であったり、

 

企業として、社会に対して

どうあるべきかという事を

掲げていたり、実行して

います。

 

これらを見極めて

自分の価値観にあった

企業を選ぶという事が

重要になってきます。

 

自己分析の具体的な方法

自己分析の方法として

さまざまなものがありますが、

一番よく使われるのが、

「自分史」を作るという

方法です。

 

小学校の時から時系列で

・自分の好きだったこと

・熱中していた事、

・苦手だった事

・習い事

など思い出せる事を全て

ノートにまとめます。

 

そしてそれぞれのエピソード

について詳しく書いていき、

その時に、

そのエピソードについて、

・嬉しかったのか

・悲しかったのか

・悔しかったのか

などの感情を書いていきます。

 

この、感情については

エピソードと一緒に

グラフ化していくと

よりわかりやすくなります。

 

また、このエピソードに

ついて、特に

苦手だったこと、

上手くいかなかったことを

どう克服したかというのは、

 

面接時、

仕事において、壁にぶつかった

時、克服するの能力があるのか

どうかを見極められる材料にも

なり、重要な自己分析の一つです。

 

もし、困難を克服する

ことが当時は出来なかった

としても、こういう解決方法

を今なら取りますという考え方

を伝えるのも大切です。

 

そして、

自分自身を深堀していく

というのが大切です。

 

深堀するには、「なぜ?」

を繰り返す方法が適しています。

 

・なぜ自分はそれが好きなのか

・なぜ自分はそんな感情になったのか

・なぜそれに価値があると思うのか

・なぜそれが出来なかったのか

などです。

 

このように、自己分析を

する事によって、

自己PRで何を伝えるか、

面接時にどう答えるか、

そして、どんな企業を選ぶか

 

といったような場合に、

自分の価値観や個性

を知り、ブレない発言や、

正しく進む道が

理解できるようになります。

 

2.企業選び

自己分析をした後は、

企業選びをしていきます。

 

自己分析後なので

自分の価値観がわかり、

自分はどういった企業に

興味があるのかが

わかってきます。

 

価値観だけに限らず、

・学校で学んだ事を活かしたい

・早く一人前になりたい

・国際的に活躍したい

・専門知識を身につけ、専門家、その道のプロになりたい

など、どうなりたいかという

考えも、企業選びをする上で

方向性を決めてくれます。

 

それがわかってきたところで、

企業の絞り込みを

していきます。

 

3.企業の情報収集

企業の絞り込みが出来れば、

次は、企業の情報収集を

していきます。

 

今は、インターネットでの

情報収集がメインとなっていて、

多くの情報を得る事が出来ます。

 

しかし、

生の情報を得るのに一番いいのは

人と会う事です。

 

行きたい企業にOBがいるのなら

OB訪問は必ずやるべきです。

 

その企業で働いている人に

生の声を聞くというのは

非常に重要です。

 

そして、そのOBの人と

合う前には、インターネットなど

で会社の情報や評判などを

調べておき、

 

敬意をもって、きっちり

質問をしていきましょう。

 

インターネットで調べ、

さらに人と会って理解する

というのは非常に重要です。

 

情報というのはひとつの事

だけを頼りにしていると

 

例えば、

その情報だけを鵜呑みにして、

企業に入ってしまって、

実際には違ったという事にも

なりかねません。

 

なので、情報は複数から

収集していきましょう。

 

学生の場合、

学校の就職課は大いに

活用したいものです。

 

学校の就職課の担当者は

親身になってくれて、情報を

たくさん持っている人です。

 

気になる企業の情報を

見つけたら、就職課の担当者

に相談してみましょう。

 

他には、親や親せき、友人

などネットワークを広げて

情報収集を手広く行ったり、

 

セミナーに参加したり

資料請求をしたり

という事もやってみては

いかがでしょうか。

 

4.企業に応募する

自己分析を行い、

エントリーシートや履歴書

を作成したら、次は

いよいよ企業に応募して

いきます。

 

応募したら企業側は

書類選考を行います。

 

書類選考を通過すれば、

いよいよ次は面接です。

 

面接を受けるにあたって、

もう一度自己分析シート

を見直しましょう。

 

そして、応募した企業の

企業理念や取り組み実績など

どういった企業なのかを

もう一度見直し、

 

なぜ自分は応募しようと

思ったのか、

自分をアピールできる

ところはどこなのかを

 

自己分析シートを見直し

ながら考えていきましょう。

 

自己分析をし、情報収集をして

採用試験に臨む。

 

やるべき事を順番に一つ一つ

丁寧に積み重ねて、就職活動

をしていけば、時間がかかり

根気よくやらなければ

いけませんが、

 

必ずいい結果が得られる

事となるでしょう。

 

新卒就活内定獲得まで無料サポート

企業の人事に焼肉をご馳走してもらいませんか?

-新卒に役立つ就活情報

Copyright© 就職活動支援サイト , 2018 All Rights Reserved.